凸版印刷など、RFIDベースの展示会向け「商談支援システム」を開発

ニューズフロント

2007-02-21 19:45

 凸版印刷は2月21日、無線ICタグ(RFID)ベースの展示会向け「商談支援システム」を発表した。開発は、ワイズ・ラブと共同で行った。

 同システムは、HF帯(13.56MHz)RFIDを用い、商談に訪れた顧客と商品との情報を管理するもの。具体的には、展示品に取り付ける値札型RFIDと、顧客の名刺を入れる名刺ホルダー型RFIDを用意しておき、商品と顧客の情報を関連付けてデータベースに保存する。

 商品のRFIDを読み取ると簡単に情報を蓄積できるため、話題にした商品の一覧を印刷して顧客に持ち帰ってもらう、といったサービスが考えられる。インターネット接続可能な環境であれば、商談の場で在庫確認やサンプル出荷指示などが行える。

 凸版印刷によると、同システムの導入で、効果的な引き合い情報収集、迅速な顧客対応、営業機会創出といったメリットが得られるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]