オラクル、51件のセキュリティパッチをリリースへ

文:Tom Espiner(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年10月16日 11時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間10月16日に、同社の「Critical Patch Update」でソフトウェアの欠陥を修正する51件のパッチをリリースする予定だ。

 これらの欠陥は多くのOracle製品が対象となっている。また、今回のアップデートで対処される一部の脆弱性は複数の製品に該当する。

 パッチには「Oracle Database」の27件の脆弱性に対する修正が含まれ、そのうち5件は認証なしでリモートから悪用される可能性がある。

 Oracleでは現在CVSS(Common Vulnerability Scoring System)のバージョン2を使用して欠陥の深刻度を評価している。以前はCVSSバージョン1を使用していた。

 今回のパッチの対象となるOracleの欠陥のうち深刻度が最も高いのはCVSSバージョン2のスコアで6.8である。Oracle Databaseの最も深刻な欠陥は6.5と評価されている。

 「Oracle Application Server」では11件のセキュリティ修正が施される。これらの脆弱性のうち7件は認証なしでリモートから悪用される可能性があるとOracleは声明で述べている。

 「Oracle E-Business Suite」「Oracle Enterprise Manager」および「Oracle PeopleSoft Enterprise」の各製品にもパッチが適用される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!