ユーザidなどの更新処理で生成されるEXT3のジャーナリング処理で、エラー発生を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年12月05日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EXT3-fs error (device device_name) in ext3_setattr: err_string

対処

前後のメッセージから状況を判断する。以下のような対処が考えられる。

  • "Out of memory" (エラー状況コード12)の場合は、メモリ不足に陥っているため、メモリ状況を確認し、不要なプロセスがあれば終了させる。
  • "IO Failure" (エラー状況コード5)の場合には、システムログより、ディスクのハードウエア障害発生を確認する。ハードウエア障害が確認された場合には、交換を実施する。不整合が生じているので、バックアップから回復を実施するのがよい。
  • それ以外の場合は、EXT3ファイルシステムに不整合が生じている可能性があるため、データの検証を行い修復するか、バックアップより回復する。

RAID1ディスクのIOエラー発生時に、他のメッセージとともに表示された事例があった。

説明

device_name が示すデバイス上のiノードブロックのユーザidやグループidの更新処理に対して生成されるEXT3ジャーナリングシステムのジャーナリング処理で、error_stringで示すエラーが発生した。(iノードブロックはファイル属性を保持しているメタデータ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!