IIJ、IIJ SMF sxサービスに「ウルトラファイアウォールオプション」を追加

荒浪一城 2007年12月26日 19時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は12月26日、ネットワーク・サービス・マネージメント・ソリューション「IIJ SMF sxサービス」に、ファイアウォールの設定をマネージメントシステムから簡単に行うことができる「ウルトラファイアウォールオプション」を新規に追加、提供を開始した。

 今回、新たに「ウルトラファイアウォールオプション」を追加することで、ファイアウォール機能の自動設定、簡単なファイアウォール設定画面、運用レポート機能の提供が実現される。

 IIJ SMF sxサービスでは、ルーター「SEIL」をネットワークに接続するだけで機器の設定が完了する。「ウルトラファイアウォールオプション」を同時に利用すると、ルーター機能だけでなく、ファイアウォール機能も自動で設定することが可能になる。両機能をSEIL1台に集約することにより、ファイアウォール機器の初期設定や運用・保守の負荷を低減し、より手軽にセキュリティを実現することが可能となる。

 また、Webベースのユーザーインタフェースから、容易にファイアウォールの機能設定を行うことができる。ファイアウォールフィルタなどの基本設定から、他のセキュリティサービスとの連携を可能にするアプリケーションゲートウェイ機能、閾値監視通知、アノマリ検知通知などの高度な設定まで、利用する機能を自由に選択することが可能で、ユーザーのニーズに合わせた最適なセキュリティ設定を提供する。また、スケジュール機能を利用することで、任意のタイミングでポリシー変更、追加設定も可能だ。

 運用面では、Webベースのユーザーインタフェース上で、ログの分析レポートや月次報告書を提供する。この機能を通じて、ファイアウォール機能の稼働状況を日々確認することが可能だ。接続数や通信量の推移をグラフで確認できるほか、生ログも同時に提供されるため、専用のツールを利用することなく、ファイアウォール機能の運用管理を一元的に行うことが可能になる。

 IIJ SMF sxサービスでは、「ウルトラファイアウォールオプション」のアプリケーションゲートウェイ機能と、コンテンツフィルタ、アンチスパム、ウイルスチェックなどの各種ASPサービスを連携することで、UTM(統合脅威管理)サービスを実現するという。

 IIJ SMF sxサービス/ウルトラファイアウォールオプションの料金は、初期費用15,000円、月額費用21,000円。なお、同社は26日からIIJ SMF sxサービスに新規で申し込むユーザーを対象に、初期費用、月額費用6カ月分を無料とするキャンペーンを実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR