所有者は違うがグループが同じファイルに対して、グループ所属者がFTPでRW,chmodするのを許可したい

OKWave 2008年01月29日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
所有者は違うがグループが同じファイルに対して、グループ所属者がFTPでRW,chmodするのを許可したい

現在サーバを運用しているのですが、同じグループに属するユーザーには、ファイル所有者(そのグループに属している)に関係なくFTPにおいて読込、書込、上書、権限変更を許可したいのですが、実現方法がわかりません。

*Windowsにおける、グループ権限に相当することを実現させたいです。

ユーザー A、B、C
上記ユーザーはグループ:webに所属。

ドキュメントルート以下は以下のように構成
ドキュメントルートはAのみアクセス可能(RW,chmodなど全権限)

/----dirA Aのみアクセス可能(RW,chmodなど全権限)
  |
  --dirB A、Bのみアクセス可能(RW,chmodなど全権限)
  |
  --dirC A、Cのみアクセス可能(RW,chmodなど全権限)

 以上のように、Aを管理者的に扱い、B、Cはchrootして限定的なアクセスにしています。
 当然、B、Cは自分のホームにファイルをUPして全権限を行使できますが、その際 所有者がBやCになってしまうため、Aがchmodしたり、上書きできません。
 Aをrootにして、FTPアクセスさせれば解決できそうですが、セキュリティ上rootでFTPアクセスは避けたいです。

 どのように設定すればよいでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

環境
OS FreeBSD 4.7
FTP ProFTPD 1.2.10

良回答

少なくとも、パーミッションの変更は、古典的なUNIXのオーナー/パーミッションの世界では、ファイル/ディレクトリのオーナーと、rootのみが可能です。

しかし、書き込み権限(上書き含む)については、ファイルのパーミッションでw権限があれば可能です。
ファイルのパーミッションが66*
ディレクトリのパーミッションは77*
であることが条件です。
その他のユーザ向けのパーミッションは、0でも4でも必要に応じてでしょう。

新規に書き込んだ際の、パーミッションを決定するのは、umaskの値です。
これは、ユーザ固有の設定から、ProFTPDの設定によるものまで、いろいろなところで設定可能ですが、この場合は、ProFTPDの設定で、行った方がいいでしょう。

デフォルトで作成されるパーミッションを、
ファイル→664
ディレクトリ→775
とする場合、バーチャルホストディレクティブや、グローバル設定に
Umask 002 002
という設定を追記します。

ProFTPDを再起動すれば、設定が変更されます。

以上、ご参考までに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?