グーグル独り勝ち--4月米国検索シェア

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月23日 11時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは4月の米国検索市場において、競合他社とは対照的にシェアを伸ばした。comScoreが米国時間5月21日に発表した。

 Googleは、3月と比べて1.8ポイント増加となる61.6%のシェアを獲得した、とcomScoreは述べる。Yahooは0.9ポイント減少の20.4%、Microsoftは0.3ポイント減少の9.1%、AOLは0.2ポイント減少の4.6%、Askも0.4ポイント減少の4.3%となった。

 米国で4月に実行された検索クエリは106億で、3月に比べ2%減少している、とcomScoreは述べる。このことから、Googleにおける実際のクリエの伸び率は1%となるが、他社は軒並み減少している。

4月米国検索シェア 提供:comScore

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!