OSKと日本IBMが中堅企業向けERPで協業--「SMILE BS DB2対応版」を発売

CNET Japan Staff 2008年10月21日 20時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OSKと日本IBMは共同で、OSKの中堅企業向けERPシステム「SMILE BS」の「IBM DB2」対応版を開発し、11月17日より出荷開始すると発表した。

 SMILE BSは、OSKの基幹業務システム製品「SMILEシリーズ」の中で、中堅企業向けに特化したERPシステム。販売、会計、人事給与の3つのパッケージとして提供され、自由帳票作成機能や、経営者向けの「概況報告」「データ分析」機能、アクセス制御やログ管理などのセキュリティ機能を備える。

 SMILE BS DB2対応版は、OSKと日本IBM両社のパートナー経由で販売される。日本IBMでは、中堅規模向けERPとして実績を持つSMILEを足がかりに、DB2およびSystem xをセットにした形での中堅規模企業への訴求を強めたい考え。一方のOSKは、既に発売済みのMicrosoft SQL Server版に加えてDB2対応版を提供することにより、IBMのパートナーとも共同で、競合の多い中堅規模向けERP市場におけるさらなる地歩拡大を狙う。

 日本IBMでは、10月21日付けでSMILE BSを販売するビジネスパートナー向けに、システム構成や見積作成の支援を行う窓口「SMILE BS案件ご支援センター」を開設したことも合わせて発表した。案件管理データベースをパートナーやOSKと共有し、包括的な販売のサポートを行っていくという。また、OSKにおいてもアプリケーションレベルの問い合わせ窓口を現在準備中という。

 価格は、SMILE BS会計が84万円より、人事給与が126万円より、販売が136万5000円より(いずれもLAN2クライアント版の価格)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR