アイピーロックスのDBセキュリティ管理ソフト最新版、Solarisもサポート

エースラッシュ 2005年05月19日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイピーロックス ジャパンは5月19日、機能を大幅に拡張したデータベースセキュリティ管理ソフトウェア「IPLocks」の最新バージョンを発表した。5月20日より出荷開始する。

 IPLocksは、データベースの脆弱性評価やアクセスの自動監視および監査を行い、データの破壊・改ざん・漏えいなどによる被害を極小化するデータベースセキュリティソフトだ。今回出荷される新バージョンでは、Oracle監視時のSQLキャプチャー機能が追加され、MS SQL ServerやIBM DB2/UDBなど多くのデータベースにおいて、監査情報としてSQL文を収集できるようになっている。また、米国NCRとの協業により、大容量データウェアハウス向けデータベース「Teradata」のサポートが実装されたことや、従来のLinux/Windowsに加えてSolarisをサポートしたことも特徴のひとつだ。

アイピーロックス ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから