OSJ、ワンタイムパスワード「RSA SecurID」対応のLAMPシステムを提供へ

ニューズフロント 2005年11月18日 14時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)とRSAセキュリティは11月18日、OSJのLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)ウェブシステムをワンタイムパスワード生成カード「RSA SecurID」に対応させると発表した。

 RSA SecurIDは、1分ごとに変化する6桁の数字によるワンタイムパスワードを生成するカード。ユーザー認証時に、この6桁の数字とユーザー本人だけが知っている4桁の暗証番号を入力させることで、安全性の高いシステムを実現できる。OSJは、LAMPベースのシステムや、LAMPと商用製品を組み合わせたハイブリッド環境におけるパスワード認証にRSA SecurIDを採用し、ログイン時のセキュリティ強化と信頼性の向上を目指す。

 具体的には、ネットバンキングや特定会員向けサービスなど高いセキュリティ強度が必要とされる環境に対し、RSA SecurIDでセキュリティを強化したシステムを提案していく。また、グループ企業であるイーセキュリティ・ジャパンの内部情報漏えい対策製品「CWAT」などと連携したシステム構築も実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!