日本オラクルとFNETS、無線LANによる位置情報管理システムで協業

ニューズフロント 2005年12月08日 16時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルと富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)は12月8日、無線LAN位置情報管理システムの分野で協業すると発表した。日本オラクルの「Real Time Locating System(RTLS)フレームワーク」などとFNETSの「P-Getter Wireless LAN Edition(WE)」を組み合わせ、工場や倉庫、病院などで業務データと位置情報とを連携させるシステムを提供する。

 FNETSのP-Getter WEは、無線LANインフラを介して人や物などの位置情報や移動履歴を管理するシステムだ。データベース「Oracle Database 10g」、クラスタ技術「Oracle Real Application Clusters 10g」、ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」を採用したことで、位置情報管理基盤であるRTLSフレームワークの利用が可能となった。

 RTLSフレームワークを使うと、位置検知データの取得、位置データの表示、さまざまな検索などが行える。これにより、密閉空間での位置情報を業務データと連携させるシステムが実現する。

 両社は、工場、倉庫や港湾施設、ショッピングセンター、テーマパーク、駅、空港、病院など、密閉空間向けの業務アプリケーションを対象に、提案活動を推進するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?