ドリーム・アーツとスカイウェイブ、VoIP活用の製品開発に向け技術提携

CNET Japan Staff 2005年12月16日 08時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドリーム・アーツとスカイウェイブは12月15日、VoIPを活用した製品開発に向けて技術提携したことを発表した。今後両社は、ドリーム・アーツが提供するWebアプリケーションにスカイウェイブのVoIP技術を連携させたサービスを開発する。

 今回の技術提携は、情報セキュリティのニーズにこたえられる製品の開発が目的。この提携でドリーム・アーツは、同社の企業情報ポータル(EIP)製品「INSUITE Enterprise」およびコラボレーション系の業務ソリューション「ひびき」に、スカイウェイブのVoIP技術を連携させる。

 ユーザー企業は、組み合わせられたソリューションを利用することで、デスクトップや携帯電話から、社内サーバを介してセキュアに音声通話できるようになる。また、サーバにログインしてから電話帳などのアプリケーションに接続するため、顧客情報も保護できる。

 今後両社は、ビジネスにおけるVoIPおよびIP電話利用の促進すると共に、業務効率の向上を目的としたソリューションや、VoIPを利用した企業向けWebアプリケーションを提案していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?