ターボリナックス、「Turbolinux 10 Server」を最新ハード対応とするサービスパック

ニューズフロント 2006年04月25日 22時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは4月25日、Linux OS「Turbolinux 10 Server(10S)」を最新ハードに対応させるためのサービスパック「Turbolinux 10 Server(10S)サービスパック」を提供開始した。ウェブサイトで無償ダウンロード提供するほか、オンラインショップでCD-ROMを税込み3045円で実費販売する。

 10Sサービスパックは、2004年10月に発売した10S向けのサービスパック。10Sリリース時点で未対応だった、Intel Xeon DPデュアルコア(開発コード名はDempsey)搭載Blackford/Bensley(いずれも開発コード名)プラットフォーム、HP ProLiantシリーズ、AMD Opteron搭載Sun Fire X4100/X4200 Server、Adaptec HostRAID(ICH7R)など、最新ハードへのインストールを可能とする。対応製品は、Turbolinux 10 Server、Turbolinux 10 Server with Sopport、Turbolinux 10Server Developer Editionのいずれか。

 ターボリナックスは、セキュリティ対策を中心とする10S向けアップデートパッケージ「Turbolinux 10 Serverアップデートキット」についても、ウェブサイトで無償提供を開始した。CD-ROM実費販売時は税込み1785円とする。

 さらに、ハードおよびソフトの動作確認を目的とする試用バージョン「Turbolinux 10 Serverスターター・キット」もウェブサイトで公開した。製品版と同等のパッケージおよび機能で、30日間のセキュリティ対応およびアップデートの入手が可能。正式ライセンスを購入すれば、再インストールすることなく、継続的に利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?