サイボウズ、経営コンサルティング会社を連結子会社化

CNET Japan Staff 2006年05月16日 20時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは5月16日、同日開催の同社取締役会おいて、大阪本社の経営コンサルティング会社であるブリングアップの株式57.1%を取得する株式売買契約を締結することを決議したと発表した。ブリングアップは同社の連結子会社となる。

 ブリングアップは、大手から中規模・中小企業に対し、営業力強化や販路拡大といった売上向上支援、およびIT化による業務効率化を提案するコンサルティング会社。最近では、グループウエアやERPなどのIT導入支援コンサルティング事業を展開している。

 両社はこれまでも協業関係にあり、今回の連結子会社化で提携関係を加速する計画だ。

 サイボウズは、同社の発行済み株式総数2100株のうち、1200株を個人株主から4億2000万円で買い取る。連結業績に与える影響は、現在算定中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?