アドベントネット、ヘルプデスク構築ソリューションの新製品を販売開始

CNET Japan Staff 2006年05月19日 21時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドベントネットは5月19日、ヘルプデスク構築ソリューション 「AdventNet ManageEngine ServiceDesk Plus5.0」(ServiceDesk Plus)の販売活動を開始すると発表した。

 ServiceDesk Plusは、同社のネットワーク系開発ツールなどのノウハウをベースに開発された、ウェブベースのヘルプデスク構築ソリューション。ヘルプデスク機能に加え、IT資産管理の機能も合わせ持つ。

 ヘルプデスクおよびIT資産管理機能では、ユーザーからの問い合せに対するチケット発行、管理、IT資産や契約のライフサイクル管理、ナレッジベースなどの基本的な機能を搭載している。すべての機能をウェブベースで実現しており、エージェントを必要としない簡易なアーキテクチャを採用している点も特徴という。

 動作環境は、OSがWindows 2000 Professional+SP4、Windows 2000/2003 Server、Windows XP Professional、Redhat Linux 7.2以降、Redhat Enterprise Linux ES 3.0/4.0、AS 3.0/4.0、Debian 3.0。クライアント用ウェブブラウザとしては、Mozilla 1.5以上、Internet Explorer 6.0以上に対応している。

 価格は、オペレーター数によるライセンス形式となっており、2オペレーター版の場合、年間ライセンスが11万9000円、通常ライセンスが37万3000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!