編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドベントネットがWebアプリケーションの性能監視ソフト新版を出荷

日川佳三(編集部)

2005-05-27 16:24

 ネットワーク管理ソフトなどを扱うアドベントネットは5月27日、米AdventNetが開発したWebアプリケーション性能監視ソフトの新版「AdventNet ManageEngine Applications Manager 6.0」を出荷する。価格は、1ユーザー版が33万5000円、ユーザー数無制限版が335万9000円。

 ManageEngine Applications Managerは、Webアプリケーションシステムを構成するコンポーネントである、データベース管理システム、アプリケーション・サーバ(EJBコンテナやServletコンテナ)、WebサーバなどのソフトやサーバOSの稼動状況と性能を監視するソフトである。監視データは、業務やサービスの切り口で分析・表示できる。

 同ソフトはJavaで開発してあり、JMX(Java Management Extentions)を経由してJavaアプリケーションの詳細な稼動状況を監視可能である。JMX以外にも、任意のSNMPエージェントのほか、WMI(Windows Management Instrumentation)やTelnet遠隔ログイン経由でのコマンド実行結果などを監視対象にできる。

 新版では、監視項目を追加した。従来は、BEA WebLogic Serverの監視項目だけに限っていたが、新たにIBM WebSphereとJBoss、Tomcatを監視項目に追加した。アプリケーションサーバ以外にも、OracleやSQL Server、MySQLなどデータベース管理システムや、ApacheやIISなどWebサーバーも、今回新たに監視項目に加えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]