RSAセキュリティ、サイトをシャットダウンさせる日本初のフィッシング対策

吉澤亨史 2006年06月29日 18時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは6月29日、フィッシング対策サービス「RSA FraudAction」の提供を7月24日より開始すると発表した。このサービスは、フィッシングサイトそのものを短時間でシャットダウンし、インターネット詐欺被害の拡大を防止する日本初のサービス。

 RSA FraudActionは、RSA Security Inc.の24時間365日稼働する「オンライン不正対策指令センター(AFCC)」がサービスを実施する。これまでに世界65ヶ国で1万サイト以上をシャットダウンした実績があり、ほとんどのケースで5時間以内にシャットダウンしており、最短時間は5分だという。日本国内では、国内に設置された「RSAジャパン・オペレーション・センター」がAFCCと連携して、24時間体制で日本語による顧客対応を提供する。

 RSA FraudActionでは、導入企業からの報告に基づき、フィッシングサイトをホスティングしている国やISPを探し出し、ISPと協力してシャットダウンに取り組む。AFCCが即時対応可能な言語数は15とし、リアルタイム翻訳サービスにより150言語まで対応できる多言語サポート体制を整えている。また、フィッシングの技法、証拠収集および分析を行い、ここで得た情報は場合により警察機関へ提供され、犯罪捜査に活用されることもある。

 オンラインサービスの提供側は、RSA FraudActionによって自社の利用者に負担をかけることなく、積極的な対策を打つことにより利用者を保護できる。価格は年間480万円で、オンラインサービスの登録ユーザー数によって異なる。また、初期セットアップ費用として200万円が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR