「ぜい弱性情報が裏取引で売買されている」--シマンテックの脅威レポート

藤本京子(編集部) 2006年03月15日 20時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは3月15日、2005年7月1日から12月31日までのインターネット上における脅威データの動向をまとめた「インターネットセキュリティ脅威レポート Vol.9」に関する説明会を開催した。その中で、同社コンサルティングサービス部 ディレクターの山内正氏は、「2002年ごろから、ぜい弱性情報を売買するブラックマーケットが形成されつつある」と述べた。

 ぜい弱性情報の売買とは、ぜい弱性を見つけた者が、情報をすぐにオープンにせず、第三者やベンダーなどに売るといった行為だ。どのような方法で取り引きが行われているのか詳細はわからないとしながらも、「このような売買が確実に増えている」と山内氏は言う。

ぜい弱性情報の売買について警告するシマンテックの山内氏

 同社の調査によると、今回の調査期間中に売買されたぜい弱性情報は54種で、前回の調査時の68種より減少したものの、「取引金額などの市場規模は確実に大きくなっている」としている。

 こうした市場取引が行われることで、「ぜい弱性が発覚しても、情報がオープンになるまで時間がかかるようになった」と山内氏は指摘する。今回のレポートで、ぜい弱性の発覚から悪用コードが開発されるまでの平均時間が、前回のレポートより約1日長い6.8日という結果が出ているが、これについても「ぜい弱性情報が公になるまでに時間がかかるようになったためではないか」と同氏は分析している。

 もちろんシマンテックでは、ぜい弱性を見つけた場合はすぐにオープンにしているが、山内氏は「このような情報の裏取引は今後も増加するだろう。情報の公開が遅れることで、攻撃が先行するケースが増えてしまう」と述べ、この動きへの対策が必要だとした。

金銭目的の攻撃が増加

 山内氏はまた、現在の脅威環境について、「オンライン詐欺などのサイバー犯罪が第一の脅威として広く意識されるようになった」としている。シマンテックでは、以前よりオンライン詐欺と金銭目的の攻撃の増加を予測していたが、それを証明するように、2005年下半期に最も多くねらわれた業界は金融サービス業界という結果が出た。

 フィッシングメールについても、ブロックした数が前期の10億4000万通から44%増の14億5000万通を数えた。1日あたりのフィッシングメールの数は、前期の570万通から後期は792万通となり、ピーク時には1日1700万件に達することもあった。山内氏は、「全体のメールの数から見ると1%弱ではあるが、119通のメールのうち1通がフィッシングメールという計算になる。これは無視できない数字だ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化