編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

シマンテックのウイルス対策ソフトに脆弱性--危険度は「高」

Colin Barker(CNET News.com)

2005-12-22 19:39

 Symantecは米国時間20日遅く、同社のウイルス対策ソフトに脆弱性が存在し、ハッカーに悪用されることでシステムの乗っ取りが可能になることを明らかにした。

 Symantecによると、このバグは同社のセキュリティ製品に影響を及ぼし、危険度は「高い」という。デンマークのセキュリティ会社Secuniaはこれを「非常に深刻である」と述べた。

 Secuniaが発した勧告によれば、このバグはSymantecのほとんどの製品に影響を及ぼすという。影響を受ける製品としては、企業向けおよび家庭向けバージョンの「Symantec AntiVirus」「Symantec Norton AntiVirus」「Symantec Norton Internet Security」が挙げられる。また、Windows版とMacintosh版の違いは問わない。

 この脆弱性は、ウイルス分析におけるファイルフォーマットサポートを提供するSymantec AntiVirus Libraryのなかに存在する。「RARファイルの解凍中、Symantec製品にはヒープオーバーフローの脆弱性が複数みられる。これらの脆弱性を悪用することで、ハッカーらは保護されているシステムを完全に制御することが可能となる」と、最初にこの脆弱性を発見したセキュリティコンサルタントのAlex Wheelerは述べている。「これらの脆弱性は、SMTPなどの一般的なプロトコルを使ったデフォルトのコンフィギュレーションにおいて、ユーザー側の動作を必要とせずにリモートからの攻撃を可能にする」(Wheeler)

 RARはWinRARのネイティブフォーマットであり、データの圧縮および解凍に使用されている。これまでのところ、この脆弱性は「Dec2Rar.dll version 3.2.14.3」について報告されているほか、Wheelerによれば、このDLLを利用するすべてのSymantec製品に影響を及ぼす可能性があるという。影響を受ける製品のリストはSecuniaのウェブサイトで見ることができる。

 Symantecはまだこの問題に対処するためのパッチをリリースしていない。Wheelerは、「脆弱性のあるコードが修正されるまでは、RAR圧縮ファイルのスキャンを無効に設定する」ことを推奨している。

 Wheelerが発見した脆弱性はこれが初めてではない。10月に同氏は、Kaspersky Labのウイルス対策ソフトにおいても同様の欠陥の存在を明らかにしている。これは後に同社により確認された。これもまた、ヒープオーバーフローの脆弱性であった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]