シマンテック、セキュリティ関連のコンサルティングサービスを拡充

Joris Evers (CNET News.com)

2005-10-31 13:16

 Symantecは米国時間10月31日、同社の「Symantec Secure Application Services」を通して、約1年前に買収した@stakeのサービスを提供することを発表する。@stakeではセキュリティ関連のコンサルティングやソフトウェア開発を手掛けていた。

 Symantecがこのような新しい取り組みを発表する背景には、「侵入検知」ソフトウェアだけでなく、より幅広い商品を企業ユーザーに購入してもらいたい、という同社の思惑がある。Symantecによると、侵入検知テスト用ソフトウェアは、@stakeが扱っていた商品の中でも最もよく売れていたという。

 SymantecのシニアマネージャBrad Arkinは「侵入検知テスト用ソフトウェアを独立したサービスとして提供するよりも、トレーニングやコードレビュー、設計アセスメント、侵入検知テスト、安全なアプリケーション環境を達成するためのプロセス作りなど、さまざまなサービスと組み合わせて利用することを、ユーザーと考えていきたい」と述べている。

 Symantecでは、コンサルタントが侵入検知テスト以外にも幅広い商品を提供している。商品の例としては、アプリケーションの開発プロセスをより安全なものにするための支援サービスや、アプリケーション設計におけるセキュリティレベルのアセスメント、ソースコードのレビュー、アプリケーションセキュリティに関するトレーニングなどが挙げられる。

 なお、Symantec Secure Application Servicesは、南米アメリカでのみ提供されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]