ISID、SAPシステムとSQL Server 2005をデータ連携する「BusinessSPECTRE」を開発

CNET Japan Staff 2006年07月14日 16時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通国際情報サービス(ISID)は7月13日、SAPのソフトウェア製品群とMicrosoft SQL Server 2005の連携を実現するソフトウェア「BusinessSPECTRE(ビジネス・スペクトル)」を発表した。同日より販売活動を開始している。

 BusinessSPECTREは、SAPソリューション導入で全社的な業務の整理、データの統合、情報の蓄積を実施した企業に対し、蓄積した情報を有意義に活用できるソリューションとして展開する。Microsoft SQL Server 2005では、BI機能が大幅に拡充されているため、柔軟性の高いBIシステムを構築できるという。

 SAP側の定義済みクエリやSQL Server側のサンプルテーブル、サンプルキューブなどのテーブルや定義を、SAPのテーブル用のサンプルテンプレートとして用意していることが特徴。データ連携からレポート作成までのシステム構築作業を2カ月程度で実現できるとしている。

 価格は1ライセンス(2CPUまで)が800万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから