日揮情報ソフトウェア、Windowsファイルサーバ監査ツールを販売--ログを一元的に管理

CNET Japan Staff 2006年07月28日 15時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日揮情報ソフトウェアは7月27日、米ScriptLogic Corporation製のWindows環境ファイルサーバ向け監査ツール「File System Auditor」の販売活動を8月1日から開始すると発表した。ScriptLogicはWindows Serverの管理者向けツールを販売している。

 File System Auditorは、さまざまな重要ファイルが保存・管理されているWindowsサーバ上のファイル/フォルダに対して、操作をログとして保存し、ファイルサーバの監査をを目的とした製品。 監査ログの調査・追跡を簡単に行うことができ、複数のファイルサーバを対象とした監査ログを一元的に管理できる。

 これにより、システム管理者、セキュリティ管理者に対してさまざまな観点からのレポートを作成・送信することが可能になる。

 8月10日に出荷を開始する予定。ライセンスは管理対象となるサーバごとに必要であり、初年度の価格はメンテナンス込みで13万9000円(税別)から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!