編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シーア、ファイルサーバの情報利用を管理するソフトウェアを発売

吉澤亨史

2006-03-27 19:14

 シーア・インサイト・セキュリティは3月27日、ファイルサーバの情報利用を管理できるソフト「SEER INNER SA Ver. 1.0」を同日より発売したと発表した。

 SEER INNER SAは、組織内部の「情報の利活用推進」と「コンプライアンス対策」の両立を目的としたネットワークフォレンジックツール。本製品をファイルサーバに導入することで、共有ファイルアクセスのすべてのログを記録する。既存の業務内容や情報システムに変更を加えることなく導入でき、低価格の年間利用料形態で利用できるため、低コストで効率的な運用が可能となる。

 記録したログは、直感的に操作できるユーザーインターフェースを採用した「SEER INNERセキュリティ管理コンソール」で一元管理できる。ログインユーザー単位でアクセス履歴を記録するため、ファイルを操作した個人を特定しやすくなっている。また、アクセスログの収集にパケットキャプチャを使用しないため、共有ファイルのアクセスに影響しないことも特徴。

 SEER INNER SAは「SEER INNER 管理サーバ用プログラム」と「管理理対象サーバ用エージェントプログラム」で構成されており、対応OSは前者がWindows 2000 Server、Windows 2003 Server、Red Hat Enterprise Linux(予定)。後者がWindows 2000 Server、Windows 2003 Server、Windows Storage Server 2003(予定)となっている。価格はオープンプライスで、2006年度に200社の販売を目標にしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]