FAQ:マイクロソフトの「Client Protection」とは?

Joris Evers(CNET News.com) 2005年10月07日 14時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間6日に「Microsoft Client Protection」というソフトウェアを発表した。同社はこれにより、前から予想されていた企業向けのデスクトップ用セキュリティ製品の分野に参入することになる。

 Microsoftはこの分野で、SymantecやMcAfee、Trend Microといった競合各社との激しい戦いに直面することなる。

 Microsoftはこれまで、同社のセキュリティ製品に関する計画が曖昧だとして、アナリストから批判を浴びてきた。同社はこの点について6日、この2年間は既存製品のセキュリティ強化と顧客へのパッチ配信の仕組み改善に重点を置いてきたと語った。「今後は新世代のセキュリティ製品の発表に、取り組みの重点がシフトしていく」と同社のDebby Fry Wilson(セキュリティ・エンジニアリング/コミュニケーション担当ディレクター)は述べている。

 では、「Client Protection」とはいったいどんなものなのか。以下に概要をまとめた。

新しいセキュリティソフトウェアはどんなもの?

 「Microsoft Client Protection」は企業が使うPCやファイルサーバ用のソフトウェアで、単体でスパイウェアやウイルス、ルートキットの脅威からユーザーを保護する。同社によると、企業のIT管理者はこのソフトウェアをつかって社内のさまざまなリソースを一元管理できるという。また、同ソフトウェアは同社の「Active Directory」や「Windows Server Updates Services」パッチ管理ツールと連動する。

「Windows OneCare」との違いは?

 Windows OneCareが一般ユーザー向けであるのに対し、Microsoft Client Protectionは企業向けとなっている。2005年に入ってベータテスターに公開されたOneCareは、ウイルス/スパイウェア対策ツールとPCの診断ツールを組み合わせたもので、企業にとって必須である一元管理機能のようなものは含まれていない。Microsoftは6日に、OneCareの正式版が2006年にリリースされることを明らかにした。同製品はサブスクリプション形式で販売される。価格については明らかにされていない。

Microsoft Client Protectionのベースになっている技術は?

 同ソフトウェアの基盤になっているのは、Microsoftが2003年に買収したGeCadのウイルス対策ソフトと、2004年後半に買収したGIANT Company Softwareのスパイウェア対策製品だ。

「Windows AntiSpyware」はどうなるのか?

 Windows AntiSpywareは、その名の通り、一般ユーザーをスパイウェアから守るために考えられたもので、MicrosoftがGIANT Company Softwareの買収で手に入れた技術がベースになっている。同ソフトウェアは1月からベータ版が公開されており、同社では正式版を2006年に発表できると予想している。このツールも無料で利用できる。

Microsoft Client Protectionと競合する製品は?

 SymantecやMcAfee、Trend Microといった大手セキュリティソフトウェアメーカーから、企業向けの競合製品がそれぞれ出ている。この手の製品について実績のないMicrosoftが、長年企業ユーザーから向けられてきた懐疑を払拭し、市場に製品を受け入れさせるまでには、何年もかかるだろうと、Merrill Lynchのアナリストは6日に述べていた。

Microsoft Client Protectionの動作環境は?

 このソフトウェアは、Windows XPか、2006年後半に登場予定のWindows Vista上で稼働する。

Microsoft Client Protectionの価格は?

 同社はまだ価格やライセンス体系の詳細を公表していない。だが、おそらく(サブスクリプション形式ではなく)ライセンス販売になるものと思われる。

登場時期は?

 「限定ベータ」版が2005年末までに登場する。Microsoftは正式版の出荷時期については明確にしていない。Fry Wilsonは6日にClient Protectionの投入時期を明言しなかったが、同社のウェブサイトで公開された文書には、出荷の目標時期は2006年と書かれている。

もっと詳しいことはいつわかる?

 Microsoftは、今後数カ月の間にさらに情報が提供できるようになるだろうといっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化