プラネックス、PacketiX VPN 2.0採用のASP型VPNサービスを開始--レイヤ2のVPN接続を低コストに

CNET Japan Staff 2006年08月04日 16時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトイーサは8月3日、VPNソフトウェア「PacketiX VPN 2.0」が、プラネックスコミュニケーションズのオンラインサービス「CyberGate」の「CyberGate -SecureAccess-」に採用されたことを発表した。

 同サービスは8月1日から提供されているが(現在はベータ版)、PacketiX VPN 2.0を活用した初めての商用ASP型VPNサービス。複数のVPNクライアント端末をつなぐだけでなく、エンドユーザーの持つ既存拠点のレイヤ2セグメントをブリッジ接続し、VPN接続できることが特徴だ。レイヤ2のVPN接続を低コストに実現できるという。

 エンドユーザーは、ソフトイーサのウェブサイトで無償配布されている「PacketiX VPN Client」や「PacketiX VPN Bridge」を使ってSecureAccess内の仮想ハブに接続できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!