編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ソフトイーサ、vpncmd コマンドなどを追加した「SoftEther VPN 2.0 RC2」を公開

エースラッシュ

2005-11-07 19:11

 ソフトイーサは11月7日、仮想ネットワークを構築できる「SoftEther VPN 2.0 Release Candidate2 ビルド5000」(SoftEther VPN 2.0 RC2)を、本日公開したと発表した。

 従来のSoftEther VPN 2.0ではWindows対応の「VPN Client」しか搭載されていなかったため、Linux環境で仮想LANカード機能を使用することができなかった。今回発表された最新版のSoftEther VPN 2.0 RC2では、新たに「Linux版 SoftEther VPN Client 2.0」を実装している。これにより、Linuxから外部のコンピュータ上で動作している「VPN Server」への接続が可能となった。また、すべてのOSで使用できるコマンドライン管理ユーティリティ「vpncmd」も追加。「SoftEther VPN Server 2.0」「SoftEther VPN Client 2.0」「SoftEther VPN Bridge 2.0」が動作しているコンピュータに接続し、サーバまたはクライアントサービスの設定や管理ができる。

 そのほか、VPNセッションの通信速度を正確測定できる「通信スループット測定」機能や、クラスタリング機能の設定項目に「性能基準比」パラメータが追加されている。なお、SoftEther VPN 2.0 RC2はフリーソフトとして提供されており、同社のサイトからダウンロードが可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]