サイベース、ミッションクリティカル機能を強化した最新RDBMS「Sybase ASE 15」を発表

山下竜大(編集部) 2006年08月30日 22時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイベースは8月30日、5年ぶりのメジャーバージョンアップとなるリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の最新版「Sybase Adaptive Server Enterprise 15(ASE 15)」の出荷を、2006年9月15日より開始することを発表した。

 サイベースのマーケティング本部プロダクトマネージメント、高木伸滋氏は、「Sybase ASE 15は、高いパフォーマンスが求められるビジネスアプリケーションを支える強力なデータ管理プラットフォーム。ミッションクリティカルなシステムにおいて、最小のTCOと最高のパフォーマンスを実現できる」と言う。

サイベースの高木氏 サイベース マーケティング本部プロダクトマネージメント、高木伸滋氏。

 Sybase ASE 15は、同社が推進するUnwired Enterprise戦略を実現するための主要コンポーネントのひとつ。Unwired Enterprise戦略は、「Data Management」「Data Integration & Analysis」「Enterprise Mobility」の3つの領域で構成され、それぞれの領域に対し、さまざまな製品やソリューションが提供される。

 最新バージョンの特長は、ギガバイトからテラバイトまでの大規模データベースに対応できること、アプリケーションを変更することなく高いセキュリティを組み込める機能、新しいクエリ処理技術の採用によるパフォーマンスの大幅な向上の大きく3つ。Unwired Enterpriseを支える接続性を向上し、TCO(総保有コスト)のさらなる削減を可能にする。

 大規模データベースの対応では、ひとつのデータベースで32テラバイトの容量をサポート。データベース全体では1000ペタバイト以上の容量に対応できる。このとき、ひとつのサーバに割り当て可能なデバイス数は事実上無制限(20億個以上)で、各デバイスは最高で4テラバイトの容量に対応できる。

 また、アプリケーションを変更することなくセキュリティを強化する機能では、ASE 15上ですべての暗号化や暗号操作が可能。重要なデータをカラム単位で暗号化できる。クライアントとサーバの間はSSLで暗号化されるほか、LDAP認証やKerberos認証などもサポートする。

 さらにパフォーマンスの向上では、スマートパーティションや新しいジョインアルゴリズム、パラレルクエリの改善などにより、たとえばLinuxプラットフォームでは、Sybase ASE 15の導入後、全くチューニングすることなく、Sybase ASE 12.5.2に比べ10%以上のパフォーマンス向上が期待できるという。

 その他の特長としては、XML対応機能の強化により、XMLドキュメントをネイティブで保存/処理することができるほか、システム管理者の負担を軽減する統計情報の自動アップデート、RFIDデータを容易に管理するために設計されたインテリジェント・オプティマイザなど、さまざまな機能が強化されている。

サイベースの早川氏 サイベース 代表取締役社長、早川典之氏。

 サイベースの代表取締役社長、早川典之氏は、「Sybase ASE 15は、既存の顧客企業にマイグレーションしてもらうことはもちろん、米国の金融機関への導入実績を生かし、日本市場においても金融業界に展開していく。また、アプリケーションパッケージにSybase ASE 15を組み込んでもらう分野にも期待している」と話している。

 Sybase ASE 15の価格は、WindowsおよびLinux対応版が1プロセッサ/1コアあたり62万4000円より、UNIX対応版が1プロセッサ/1コアあたり149万9000円より。対応プラットフォームは、Solaris、HP-UX、AIX、Linux、Windowsをサポート。64ビット対応のWindowsは、2006年第4四半期に対応される。

 なお、2006年9月中には、Sybase ASE 15 Developer Editionをパートナー企業向けに100セット限定で無償で提供するプログラムを実施。プログラムの詳細は、製品出荷開始後に同社のウェブサイトで発表される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから