編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米サイベース、データ・マネジメント・システム「ASE 15」を発表

WebBCN (BCN)

2005-09-14 12:51

 米サイベースは、エンタープライズ・クラスのリレーショナル・データベース・マネジメント・システムである「Adaptive Server Enterprise(ASE)」の最新バージョン「ASE 15」を発表した。

 ASEは膨大なデータベースと多量のトランザクションに対応し、高パフォーマンスを実現するミッションクリティカルなデータベース・マネジメント・システム。新版では、特許を取得したクエリ処理技術を採用したことでパフォーマンスが向上、ハードウェア・リソースの消費量が削減可能となった。また、必要な情報だけを対象にするスマート・パーティションにより、クエリ・パフォーマンスが向上。

 さらに、XML拡張機能により、非構造化データおよび半構造化データの管理機能を強化、XML文書の作成およびスキーマ検証が容易になった。オペレーティング・システム・ファイルの非構造化データに直接アクセスできる拡張サービスも搭載した。このサービスは、以前のバージョンではオプションだったが、新バージョンではコア・サーバーにバンドルされている。

 同製品には、無償の「Express Edition」から「Enterprise Family」製品までのラインアップがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]