サイバーテック、高速日本語全文検索機能搭載のXMLデータベース新版を発売--検索速度は20倍に

CNET Japan Staff 2006年09月05日 13時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーテックは9月4日、XMLネイティブデータベース「Cyber Luxeon」に日本語全文検索性能を搭載した「Cyber Luxeon Ver 2.0」の販売を開始すると発表した。

 新版では、検索機能の向上と検索速度の改善に対応。日本語・他国語対応全文検索「ターボサーチ機能」を利用することで、250万件のXMLデータ検索で現行版と比べて検索速度を約20倍以上に向上したという。

 また、XMLファイルを階層的に格納するフォルダを仮想DBとして扱うことができる「フォルダDB機能」も提供。フォルダ内にある複数XMLファイルを動的にバインディングすることで、複数XMLファイルの横断検索やデータ更新をできるようにし、データベースを階層的に構築することが可能になった。

 価格は、Windows版の実行ライセンスが1CPU450万円で、年間保守サポート費がライセンス価格の20%。Solaris版は実行ライセンスが1CPU550万円で、年間保守サポート費が1CPU110万円。2006年11月の出荷を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!