編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ロココとサイバーテック、DTPの自動化を実現するXMLデータベースソリューションを開発

柴田克己(編集部)

2006-05-31 19:39

 ロココサイバーテックは5月30日、XML技術を利用してDTPの制作自動化、省力化を実現するソリューション「MetaWorks XCS」を共同開発したと発表した。出荷は7月を予定している。

 MetaWorks XCSは、ロココの開発する印刷会社、出版社向けの自動組版ソフト「MetaWorks 2.0」と、サイバーテックのXMLデータベース「Cyber Luxeon」より構成される。MetaWorks XCSは、アドビシステムズのDTPソフト「InDesign CS2」と組み合わせて使うことによって、XMLデータベース上に格納されたコンテンツデータの自動組版を可能にする。

 デザインテンプレートとデータのマッピングはGUIを利用して容易に行えるため、カタログや情報誌を制作する印刷会社、出版社のほか、制作を内製化しているメーカーや流通業において制作業務の自動化、省力化を実現する。さらに、MetaWorks XCSでのコンテンツ管理は、XMLデータベースであるCyber Luxeonで行い、データの属性追加、変更、削除といった作業をシステムを停止することなく柔軟に行える。

 MetaWorks XCSの価格は299万8000円、保守費用は58万円(いずれも税別)。基幹システムや既存のコンテンツ管理システムとの連携など、別途開発が必要な場合は開発サポートやSIサービスの提供も行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]