カール、リッチクライアント開発言語の無償版「Curl/Personal」を公開

ニューズフロント 2006年09月11日 15時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カールは9月11日、ウェブシステム向けリッチクライアント開発言語「Curl/Pro Ver.5.0(日本語版)」の無償版「Curl/Personal Ver.5.0(日本語版)」を、非商用/個人利用向けに提供開始した。カールのウェブサイトからダウンロードできる。

 Curlは、ウェブシステム開発用のプログラミング言語。HTML、JavaScript、グラフィックツール、Java、C++などの機能を統合しており、クライアント側で処理の多くを実行するリッチクライアントを実現できる。国内では、大手企業を中心に約300社に採用されているという。

 Curl/Personalは、商用版のCurl/Proに比べて一部の機能が制限されているものの、ほぼ同等のアプリケーションを作成できるという。Curl/Personalのパッケージには、統合開発環境「Curl/Personal IDE Ver5.0」と、作成したCurlアプリケーションを配信する際に必要な「Curl/Personalサーバ・ライセンス」が含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!