編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

住商情報システム、Curlをマーキュリーの「QTP」に対応--独立アプリでもテスト可能

CNET Japan Staff

2006-06-14 22:09

 住商情報システムは6月14日、リッチ・クライアント言語「Curl」の次期製品版で、マーキュリー・インタラクティブ・ジャパンが提供する自動機能テストツール「Mercury QuickTest Professional」(QTP)に対応する機能を追加することを発表した。

 住商情報システムは、Curl利用によるシステム構築・運用の経験を持つ。今回、CurlをQTPに対応させることで、リッチクライアントシステムにおける結合テストや再帰テストの効率化と品質向上を可能にしたい考えだ。

 今回の対応で、テストの自動実行や、テストシナリオにCurlのオブジェクト属性、メソッドなどを詳細に設定できるようになる。ウェブブラウザを利用したアプリケーションでも、ウェブブラウザを使用しない独立型のアプリケーションでもテストすることができ、テスト結果レポートなどでバグ情報が提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]