サークルKサンクス、情報系システムをPRIMEQUESTで再構築--オンメモリデータベースを採用

CNET Japan Staff 2006年09月12日 09時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は9月11日、サークルKサンクスが同社の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」で情報系システムを再構築したと発表した。

 今回再構築したのは、売上データを検索・分析し、商品企画業務や店舗指導業務を支援するデータウェアハウスシステム。64ビットプロセッサを搭載するPRIMEQUESTと富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)のオンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3(オーパ・ワンサード)」の組み合わせで、データ処理を高速化する。

 サークルKサンクスでは、全国の店舗で日々発生する1000万件以上の売上データを収集し、販売動向の分析や、商品の企画、店舗への指導に活用している。再構築は、データ処理の高速化が目的だ。

 具体的なシステム構成は、ブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S2」上に構築したウェブアプリケーションサーバ、データベース処理と大量のバッチ処理を実行するフロント・データベースサーバ、全国の店舗で日々発生する売上データを蓄積するセントラル・データウェアハウスサーバの3階層構造となる。

 PRIMEQUESTはフロント・データベースサーバ、セントラル・データウェアハウスサーバに1台ずつ利用される。情報検索のスピードは、従来の数分から30秒以内に短縮される見込みという。

 新システムは2006年9月末に全面稼働する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!