編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通とマイクロソフト、「Fujitsu/Microsoft SQL Server 技術支援センター」を開設

エースラッシュ

2005-06-29 22:47

 富士通とマイクロソフトは、富士通のIAサーバとマイクロソフトの「SQL Server」を組み合わせて提供する「Fujitsu / Microsoft SQL Server技術支援センター」を共同で7月1日に設立する。ミッションクリティカル領域でのオープンシステムに対するニーズに応えるためだ。

 富士通の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」とIAサーバ「PRIMERGY」、マイクロソフトの「SQL Server 2000」、「SQL Server 2005」によって構築するオープンシステムの導入を推進する。事前性能検証支援やシステム設計と構築支援、技術情報の提供などを行う予定だ。

 両社は2004年6月にグローバルで提携することに合意している。2007年にはWindowsプラットフォームビジネスにおいて、富士通が販売するハードウェア等の売上高を8000億円とする予定だ。同技術センターの開設は、Windowsプラットフォームビジネスにおける協業を推進するための中核になる。

富士通
マイクロソフト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]