富士通、Montecito搭載サーバ「PRIMEQUEST」を発表--「2007年には利益を出す」

藤本京子(編集部) 2006年07月19日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は7月19日、インテルが同日発表したデュアルコアのItanium 2プロセッサ(開発コード名:Montecito)を搭載した基幹IAサーバ「PRIMEQUEST 500シリーズ」を発表した。富士通 経営執行役 サーバシステム事業本部長 山中明氏は、「PRIMEQUESTはメインフレームの信頼性と、オープンサーバの経済性を兼ね備えた基幹業務を支える中核サーバだ」とアピールした。

 PRIMEQUESTは、メインフレームの技術をベースとし、オープンミッションクリティカル分野をターゲットとして開発された製品。インテルと富士通は、同製品の企画や設計、開発、検証の全プロセスにおいて協業している。第1世代の400シリーズは2005年4月に世界で同時発表され、すでにサークルKサンクス、ボーダフォン、NTTデータ、滋賀銀行、トヨタ自動車などを含め、12カ国で100台以上導入されている。

PRIMEQUEST PRIMEQUESTの前で握手を交わす富士通の山中氏(左)とIntelのKilroy氏(右)

 発表会場には、共同で開発に関わった米Intelの副社長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部長 Thomas Kilroy氏も同席し、「PRIMEQUESTは、富士通のプラットフォームテクノロジとIntelのプロセッサ技術を合わせたもので、オープン市場に新たな価値を提供する」とコメントした。

 500シリーズでは、同社の超高速チップ間同期型伝送技術(MTL:Mori/Muta Transceiver Logic)が向上し、チップ間の伝送帯域が800MHzから1066MHzへ、CPUとメモリ間のバス帯域が400MHzから533MHzへと拡張されたことにより、システム性能が従来比の最大2.5倍に、価格性能比が最大3倍に向上した。

 また、メインフレームクラスの信頼性を実現する二重化同期アーキテクチャ「Dual Sync. System Architecture」を採用しているほか、仮想化技術を強化し、拡張パーティショニング機能でパーティションの粒度が4CPUから2CPUにまで細分化され、最大パーティションの数も8パーティションから16パーティションにまで拡大した。今後は、さらにパーティションの粒度を高める仮想マシン機能を計画中だ。

 富士通では同時に、PRIMEQUESTに対応するミドルウェアの機能強化も発表している。ミッションクリティカルオンライン実行基盤「Interstage Business Application Server V8」や、オープン環境でバッチ処理を実現するバッチアプリケーションサーバ「Interstage Job Workload Server V8」を500シリーズに向けて提供開始したほか、SOAの基盤となるサービスバス製品「Interstage Service Integrator」の64ビットLinux対応版や、アプリケーションサーバ「Interstage Application Server」、リレーショナルデータベース「Symfoware Server」など、64ビット対応のWindows上で動作する基幹ミドルウェアを2006年10月〜12月に提供する。

 さらに、メインフレームからオープンシステムへのマイグレーションを支援する「TransMigrationサービス」を強化するため、ミドルウェア機能で既存アプリケーション資産の移行工程を30〜50%削減できる「マイグレーションスイート」を導入する。また、顧客ニーズに応じて工場出荷時に機器の搭載作業を実施するシステム導入支援サービス「カスタムメイドプラス」も新たに提供する。

 1年前に投入されたばかりのPRIMEQUESTは、未だ利益を生む事業となっていないが、山中氏は「努力が必要だが2007年には利益を出したい」と述べている。500シリーズは、データベースシステムや基幹システムの再構築などを中心に、2008年3月末までに2000台を販売することを目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化