オンメモリDB「Oh-Pa 1/3」を活用したデータ分析高速化ソリューション--富士通BSC

CNET Japan Staff 2006年09月21日 20時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は9月20日、オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3(オーパ・ワンサード)」を活用して、富士通のビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「Interstage Navigator Server」(インターステージ ナビゲータサーバ)が行うデータ分析の高速化を支援する「Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAPソリューション」の販売を9月下旬から開始すると発表した。

 同製品は、更新系バッチ処理や大規模なデータウェアハウス(DWH)がターゲットとなる「Oh-Pa 1/3 Data Server Enterprise Edition(DSEE)」に続くOh-Pa 1/3シリーズの第2弾。

 Oh-Pa 1/3 DSEEのコアエンジン部分である「Oh-Pa 1/3 Internal Engine」および「Interstage Navigator Server」とのシームレスな連携を実現する専用アダプタを組み合わせ、ROLAP(Relational Online Analytical Processing、リレーショナルオンライン分析処理)のレスポンスを短縮する。

 価格は341万2500円から。発売後1年間で1億5000万円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!