日立、ITILを適用した情報システム運用サービスをオンサイトで展開

CNET Japan Staff 2006年10月31日 22時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は10月30日、ITIL(IT Infrastructure Library)を適用した情報システム運用サービス(ITマネジメントサービス)をオンサイトで行う「オンサイトサービスデスク&サポート」の提供を11月1日から開始すると発表した。

 同サービスで日立は、システム運用上の問題解決支援、稼働管理支援や構成管理などの各種サービスをオンサイトで行い、迅速な問題解決やさらなる運用効率の向上を支援する。日立電子サービスと共同で開発された。提供される項目は以下の通り。

  • 問題解決支援:
    ・オンサイトサービスデスクの設置、インシデント管理、問題管理の実施
    ・サービスレベルの測定に基づく、結果評価と改善
  • 稼働管理支援:稼働情報の蓄積・集約、それらに基づくキャパシティ・可用性に関する改善策の提案
  • 構成管理:システム構成情報の定期的更新、管理、報告など
  • 修正変更:変更管理と修正手順作成、変更作業の実施
  • システム監視:
    ・全てのサービス項目のベースとなるシステム監視を、統合システム運用管理「JP1」により実施
    ・合意された手順に沿った回復作業の実施など

 日立製作所では、運用の可視化を図り、運用コストを20%削減しているという。また日立電子サービスは2005年にITILに関する認証機関でああるitSMFから「BS15000」の認証を取得し、2006年には、BS15000をベースにした国際規格「ISO20000」の認証を取得している。今回のサービスでは、これらのノウハウを反映させていくとしている。

 今後3年間で100サイトからの採用を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR