日立、JP1新版を販売開始--J2EEサーバやWebサービスの稼働状況も監視

田中好伸(編集部) 2006年06月01日 23時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は5月31日、システム運用管理ソフトウェア群「JP1 Version 8」を6月1日から販売開始することを発表した。最新版では、よりビジネスの観点に立ったシステム運用を実現することが目的となっている。

 今回のJP1について、同社情報・通信グループでソフトウェア事業部長の中村孝男氏は「これまでは、ITレベルで運用プロセスのPDCA(Plan Check Do Action)サイクルを最適化が目的だったが、これからはビジネスの観点を取り入れて運用プロセスのPDCAサイクルを最適化する」と説明する。

中村孝男氏 「PDCAサイクルに基づいたシステム運用を最適化できる」と語る中村孝男氏

 これまでのJP1は、サーバやストレージ、ネットワーク、OSといったプラットフォームやミドルウェア、アプリケーションを管理するが、今回のVersion 8は、WebサービスのレスポンスやJ2EEサーバのOSリソース消費量などの各種の事象も監視する。また「JP1/Integrated Management - Rule Operation」は、これらの事象を監視から確認、判断、対処までの一連の作業プロセスを、運用ノウハウに基づいてあらかじめ定義してある「ルール」に従って実行できるようになっている。

 「従来のJP1はシステムの監視と対処を担うだけで、確認や判断は、対応する人間のスキルに依存していた。しかしVersion 8では、確認と判断もルールを定義することでシステム化できる」(ソフトウェア事業部システム管理ソフトウェア本部長の松田芳樹氏)

 業務システムに障害が起きた際、システムからさまざまな情報を自動で収集することで、システムがもたらすサービス全体を確認してから、その時点での調査結果や確認結果に基づいて、最適な対応を自動的に判断する。Rule Operationと「JP1/Integrated Management - Planning Operation」では、これらのことがすべてシステムにより自動的に行うことができる。松田氏は、「主流になりつつあるSOA(サービス指向アーキテクチャ)で構築されたシステムでの問題発生から対処までの作業を効率化できる」と、そのメリットを強調する。

 「経営とITは融合していくなかで、システム運用は単に基盤を管理するものから、ビジネスの観点を取り入れた“ビジネスレベル”という視点でビジネスプロセスやサービスを管理することが重要になってきている」(中村氏)

 なお、現時点でJP1の監視できるウェブアプリケーションサーバは、同社製の「uCosminexus Application Server」だが、「WebLogicやWebSphereには対応する予定」(システム管理ソフトウェア設計部長の石井武夫氏)としている。

 Version 8では、従来のJP1とはカテゴリを変えて、(1)モニタリング、(2)オートメーション、(3)ITコンプライアンス、(4)ファウンデーション――の4つのカテゴリにした。今回発表されたソフトと価格、出荷時期は以下の通り。

  1. モニタリング
    • JP1/Integrated Management - Rule Operation 42万円〜
    • JP1/Integrated Management - Planning Operation 31万5000円〜
    • JP1/Performance Management - Agent Option for uCosminexus Application Server 28万3500円〜
    • JP1/Performance Management - Agent Option for Service Response 28万3500円〜
    • JP1/Performance Management - Agent Option for JP1/AJS2 28万3500円〜
  2. オートメーション
    • JP1/Automatic Job Management System 2 - Configuration Manager 31万5000円
    • JP1/Automatic Job Management System 2 - Datareplicator 126万円
  3. ITコンプライアンス
    • JP1/NETM/Network Monitor - Manager 10万5000円
    • JP1/NETM/Network Monitor 31万5000円〜
    • JP1/NETM/DM Manager 17万8500円
    • JP1/NETM/Asset Information Manager 26万2500円〜
    • JP1/NETM/Client Security Control - Manager 26万2500円〜
    • JP1/秘文 Advanced Edition Watermark Print 5250円
  4. ファウンデーション
    • JP1/Cm2/Network Node Manager Starter Edition Enterprise 348万2850円〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化