ライブドア、SWsoftの仮想化技術を採用--OS仮想化ソフト「Virtuozzo」

CNET Japan Staff 2006年12月05日 21時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SWsoftは12月4日、ライブドアの多機能アプリケーション付仮想専用サーバサービス「livedoorレンタルサーバ」で、SWsoftのサーバ仮想化技術と自動化技術が採用されたと発表した。

 livedoorレンタルサーバでは、SWsoftのOS仮想化ソフト「Virtuozzo」を使って数千規模の仮想環境を構築・運用管理。CPUやメモリ、ディスク、OSなどのリソースを仮想サーバに占有割り当てすることで、それぞれの仮想サーバは他のサーバによる影響を受けず、専用サーバのような環境として利用できる。

 ライブドアはまた、サーバ管理ツールとして「Virtuozzo」と統合された「Plesk」コントロールパネルを採用している。

 livedoorサーバは共有型レンタルサービスであり、ライブドアでは、今回同サービスをリニューアルするにあたり、リソース共有による障害や問題点を改善にするにはVPSが不可欠と認識している。その認識から同社では、VPSエンジンで最も実績があり、安定した信頼性から、Virtuozzoを採用したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR