富士通など、UWBベースの屋内向け位置測定システムを開発--誤差17cm

ニューズフロント 2007年01月09日 17時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は1月9日、グループ会社の富士通コンポーネント、横浜国立大学と共同開発した超広帯域無線(UWB)ベースの屋内向け高精度位置測定試作システムを発表した。新開発のアクティブUWBタグを用い、17cmの測定精度を確認できた。

 富士通などの試作システムは、測定対象の人や物体に取り付けるアクティブUWBタグと、タグからの電波の到達時間を測定するUWB基地局で構成する。UWBタグがナノ秒単位という極めて短い時間幅の電波を送信し、UWB基地局が330ピコ秒という高い分解能で電波の到達時間を計測することで、「平均誤差が17cmと世界最高レベルの精度」(富士通)のタグ位置測定を実現した。

 UWBタグは送信機能のみを備え、必要な回路が間欠駆動するため、低消費電力で作動するという。また、基地局には基地局間の距離を高精度に測定する機能を搭載し、初期設定を容易にした。

 この位置測定システムは、同時に最大500個程度のタグの位置測定が可能。富士通では、「オフィスにおける在席管理や、店舗における顧客の動線や荷物の位置管理など、人やモノの位置に基づくサービスの実現に貢献する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!