日立、無線LAN位置検知などに対応するRFIDチップ内蔵Wi-Fiアクティブタグを発売

CNET Japan Staff

2006-10-03 17:18

 日立製作所のワイヤレスインフォベンチャーカンパニーは10月2日、無線LAN位置検知システムと入退室管理システムに対応し、緊急通報機能を備えた小型のWi-Fiアクティブタグ「AirLocation II Tag-w」の販売を10月3日から開始すると発表した。

 同製品は、ICタグの中にRFIDチップを内蔵し、無線LAN位置検知システム「日立 AirLocation II」と入退室管理システムを連携。建物への入退室状況を正確に把握できるようにする。また、緊急通報機能を搭載しており、システム管理端末側で警報の受信と発信者の名前、位置を把握することも可能だ。

 たとえば、同製品を警備員が携帯した場合、管理端末を設置した守衛室で警報発信者の名前と位置情報を把握できるようになるため、緊急時のに迅速に対応できるようになる。

 サイズは、幅42mm×高さ58mm×奥行き18mmで、電池を含む重量は約40g。価格は2万1000円。AirLocation II Tag-wクレードルの価格は5250円。11月下旬に出荷する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]