R&W、HTMLデータをデータベースに自動で取り込めるサービスを開始

CNET Japan Staff 2007年02月08日 20時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 R&Wは2月7日、HTML形式のデータをデータベース(DB)に自動で取り込める「HTML2XML2DBソリューション」システムを開発、サービスを開始したと発表した。

 HTML2XML2DBソリューションは、HTML形式のデータをDBに自動で取り込めるサービス。HTML上のデータをピンポイントで検索し、メタデータ化および構造化することでリレーショナルデータベースなどDBに移行できる。またこの際、R&WのDATABOYテクノロジーにより、HTML上のデータをメタデータ化し、タグ付け、構造化したコモンXMLに変換を行う。

 サービスの提供形態は、既存のHTMLデータをXML化、データベース化する「既存HTML資産のXML&DB化サービス」と、更新HTMLの定期的なDBへの自動取り込みを行う「HTMLデータ定期取り込みサービス」の2種類が用意される。R&Wでは、このシステムを使用した情報サービスも検討しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?