OracleとeXsenjuが連携--DBやアプリなどの運用を一元管理へ

CNET Japan Staff 2007年02月23日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)と日本オラクルは2月22日、NRIの運用管理ツール「eXsenju ver2.5」と日本オラクルの「Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control」(Oracle Grid Control)を連携させた「eXsenju Oracle管理ソリューション」の提供を開始した。

 新製品は、両社が共同で開発。Windows、Linux、UNIXなどを基盤に構築されたシステムを管理するeXsenjuとアプリケーション、ミドルウェアおよびデータベース(DB)を管理するOracle Grid Controlを組み合わせ、アプリケーション管理者、DB管理者および開発者にチューニングと状況診断を行うための情報を提供する。

 システム運用・管理担当者はeXsenjuのコンソールだけでシステム全体の状況を把握し、性能チューニングやセキュリティ管理などに必要な情報をDB管理者に指示できるようになるという。

 またDB管理者や開発担当者はDBに対する的確・迅速な管理が可能になり、業務効率が向上するという。そのほかにも、システム監視、構成管理、性能監視、障害対応などが効率化され、サービスレベルの向上、運用管理コストの削減、さらにはIT統制の強化やITILなどのフレームワークの対応ができるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!