編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

NECと日本オラクル、両社製品のプロビジョニング機能を連携--リソースの動的再配置が可能に

CNET Japan Staff

2006-09-21 19:52

 NECと日本オラクルは9月20日、両社製品のプロビジョニング機能を連携させるソフト製品「SigmaSystemCenter Oracle RAC連携モジュール」および「Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control ManagementConnector for NEC Management Products」の販売を同日から開始すると発表した。

 新製品は、NECの運用管理ソフト「WebSAM SigmaSystemCenter」と日本オラクルの運用管理ソフト「Oracle Enterprise Manager」の持つプロビジョニング機能を連携したもの。OSからデータベースまでのITリソースの動的な再配置を可能にする。

 これにより、データベースリソースとアプリケーションリソースを負荷状況に応じて、動的に割り当てることやサーバ障害時における迅速な代替サーバへの切り替えが可能になる。

 希望小売価格(税別)は、SigmaSystemCenter OracleRAC連携モジュールが20万円、Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control Management Connector for NEC Management Productsが62万5000円。NECが販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]