「LifeKeeperビジネスパートナープログラム」の参画企業が44社に

CNET Japan Staff 2007年04月16日 14時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイオステクノロジーは4月16日、同社が2006年10月に開始した「LifeKeeperビジネスパートナープログラム」への参画パートナー企業が44社に達したと発表した。

 LifeKeeperは、予備サーバを用意しておき、本番稼働しているサーバに障害が起きた際に自動的に予備サーバに業務を引き継がせることで、システム全体の信頼性を向上させるハイアベイラビリティ(HA)クラスタソフトウェア。

 同社が、2006年6月に買収を完了した米SteelEye Technologyが開発、販売を行っている製品で、Linux、Windowsサーバ環境でのクラスタリングに用いられている。

 LifeKeeperビジネスパートナープログラムは、同製品を取り扱うパートナー企業向けに、ソフトウェア評価版や技術者向けトレーニングの無償提供、技術セミナーの定期開催、営業支援などを行うことで、ユーザー企業に対するLifeKeeperの提案を促進するためのバックアッププログラム。

 サイオステクノロジーでは、2007年末までに、このプログラムの参画パートナー企業数を100社にすることを目標にしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから