オープンソース・ビジネス・アワード、サイオスとマインドが受賞

CNET Japan Staff

2006-12-17 21:31

 オープンソース・ビジネスの普及啓蒙を推進するNPO法人、OSCARアライアンスはこのほど、ビジネスにおけるオープンソース活用の推進で、その年に最も活躍した企業/団体/個人を表彰する「2006年オープンソース・ビジネス・アワード」の受賞者を発表した。

 2006年に受賞したのはサイオステクノロジー(旧テンアートニ)とマインドの2社。

 サイオステクノロジーが展開する事業の一つであるLinuxディストリビューションの販売・サポート事業は、2006年6月に発表された矢野経済研究所による「Linuxディストリビューションサポートの市場動向に関する調査」で、Linuxディストリビューションのサポート売上高で2005年度のシェア第1位を獲得している。

 主要な製品分野において、大手ハードウェアベンダーやSI企業による寡占となっている市場状況の中、NECやIBM、富士通など大手ベンダーを抑え、約25%のシェアを獲得しての首位獲得は、大きなオープンソース・ビジネスの成功事例であることから、今回の受賞となっている。

 一方のマインドは、1997年にERP事業に参入、2003年には自社開発のERPパッケージ(統合基幹業務パッケージ)「Mind Solution Series」の展開を開始し、現在、人事給与、財務会計、販売管理、交通費精算を提供している。

 同社は、ERPパッケージ事業を展開するなかで、製品からサービスへの転換をめざし、8月にMind Open Source Project(MosPを立ち上げ、9月に人事給与パッケージを公開している。将来的には他のERPパッケージもオープンソース公開する予定になっているという。

 日本国内でERPアプリケーションのパッケージベンダー自身による公開は、先進的な取り組みであることから、今回の受賞となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]