IDSシェアー、米企業製ビジネスルール管理システム組み込みのBPMツール提供

田中好伸(編集部) 2007年07月17日 18時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDSシェアー・ジャパンは7月17日、同社のビジネスプロセス管理(BPM)ツールである「ARIS Business Architect」に、ブレイズ・コンサルティングが日本・韓国での総販売代理店として提供している米Corticonのビジネスルール管理システム(BRMS)「Corticon Business Rules Management」を組み込んだ「ARIS Business Rules Designer」の提供を開始したことを発表した。

 Business Rules Designerは、意思決定を伴う、もしくは頻繁な変更が加えられるビジネスプロセスからビジネスルールを切り離して管理するため、基本プロセスを変更したり複雑化させることなくルールを変更できるようになる。さらに、ビジネスプロセスとビジネスルールを並行開発したり、ビジネスルールを実行可能なサービスとして自動生成し、他のビジネスプロセスで再利用することも可能になるとしている。

 また同製品は、ルールの変更で影響がおよぶビジネスプロセスを一覧できることから、モデリングの精度を向上させられるという。こうした特長から、プロセスとルールの影響度の高い、またプロセスの複雑な業務でのシステムへの適用が最適と説明している。

 ブレイズとIDSシェアーは、2006年5月にビジネスプロセス管理分野で業務提携している。今回発表したBusiness Rules Designerは、その成果だ。

 同製品は、BRMSベンダーのブレイズにとって、特にビジネスルール管理の視点でSOAを推進するシステムの構築を目指す同社の戦略を推進するものとしている。またIDSシェアーでは、Business Rules Designerを戦略製品と位置付け、金融・保険業界への拡販を目指すと説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから