編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本オラクルとIDSシェアーがBPM分野で協業、製品の連携動作を検証

ニューズフロント

2005-12-26 20:53

 日本オラクルとIDSシェアー・ジャパンは12月26日、ビジネスプロセス管理(BPM)分野で協業すると発表した。両社は、IDSシェアーのビジネスプロセス設計ツール「ARIS Business Architect」およびビジネスプロセス評価ツール「ARIS Process Performance Manager(PPM)」を日本オラクルのミドルウェア製品「Oracle BPEL Process Manager」と連携させ、相互検証を終えた。

 BPM向け製品として、IDSシェアーは設計/再設計フェーズ用のARIS Business Architectのほか、評価フェーズ用のARIS PPMを用意している。一方、Oracle BPEL Process ManagerはBPMランタイムエンジンを提供しており、サービス指向アーキテクチャベースのビジネスプロセス連携を支える基盤製品である。両社の製品の連携が実現したことで、包括的かつ継続的なBPMソリューションを提供可能になるという。

 今回実施した連携検証について、両社は「BPMサイクルのシームレスな連携実現を見据えた重要な第一歩」としている。両社は、業務アプリケーション「Oracle E-Business Suite」とARIS製品群による包括的BPMソリューションの構築へ向けても協業体制を強化していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]