WS-ReliableMessagingの実装系「Apache Sandesha2 1.3」リリース

原井彰弘 2007年10月11日 20時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月8日、Apache Web Services ProjectはWS-ReliableMessagingの実装系「Apache Sandesha2」の新バージョン「Apache Sandesha2 1.3」をリリースした。

 Sandesha2は、IBM、Microsoft、BEA、TIBCOによって策定された、ウェブサービスにおけるメッセージングの信頼性を向上させるためのプロトコル仕様「WS-ReliableMessaging」の実装系。同プロジェクトが開発するウェブサービスフレームワーク「Apache Axis2」上で動作する。

 Sendesha2 1.3では、Axis2のクライアント側とサーバ側の双方でWS-ReliableMessagingがサポートされたほか、現在策定中のWS-ReliableMessaging 1.1も一部実装された。また、SOAP 1.1と1.2にも対応した。そのほかにも、いくつもの機能が追加されている。

 なお、Sandesha2のバージョン番号には、対応するAxis2のバージョンと同じものが付けられている。そのため、今回リリースされたSandesha2 1.3は、8月13日にリリースされたAxis2 1.3対応ということになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?