日本サムスン、Microsoft Office Communications Server 2007対応のデバイスを製品化

CNET Japan Staff 2007年10月17日 22時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サムスンは10月17日、マイクロソフトが11月より日本市場向けに出荷を開始する「Microsoft Office Communications Server 2007」に対応したデバイスを製品化することを発表した。

 この発表により同社は、Microsoft Office Communications Server 2007に最適化されたUSBカメラやマイク、スピーカーを内蔵した一体型の22型ワイド液晶モニター「SyncMaster 225UW」を製品化。同製品を使用することで、高品質な音声および映像を最大限に利用することができる。

 SyncMaster 225UWの正式発売は、2007年末を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR