ユニファイドメッセージング:中小企業にとっての導入メリットは?

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有 2007年01月23日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ユニファイドメッセージング」は、2007年に大きな注目を集めそうな言葉のひとつだ。何となく響きがよい--われわれはこの分断された世界をより統合された(ユニファイドな)ものとする必要があるはずだから--ものの、実際のところ何を意味しており、あなたの企業の成長にどう役立つのだろうか?ユニファイドメッセージング(UM)のコンセプトと、既存ソリューションと今後の方向性を説明したい。

UMとは何か?

 ユニファイドメッセージングとは、電子メールやテキストメッセージ、音声、ファクス、ビデオ会議といったさまざまな種類のメッセージを、さまざまなデバイス(コンピュータや電話、PDAなど)からアクセスできるセントラルリポジトリに統合することを、格好良く言い表したものである。ユーザーがコンピュータの受信ボックスから留守番電話に残されたメッセージにアクセスしたり、携帯電話を介して電子メールのメッセージにアクセスしたりするのがUMの例だ。これによって、ユーザーは複数のインターフェースに煩わされずに連絡をとれるようになり、利便性と生産性が向上する。

 ユニファイドメッセージングによる優れたソリューションは、他のアプリケーションと統合されており、例えばユーザーが電子メールのメッセージ内容を電話で聞くことができるよう、テキストを音声に変換する技術などを利用している。さらに洗練されたUMは、ユーザーの居場所を特定し、その情報に基づいて受信したメッセージの処理を決定するような位置特定技術を利用している。UM技術に通知手法を取り入れることによって、電子メールやボイスメールの着信を即座に(携帯電話へのテキストメッセージ伝達などによって)知ることができるようになる。また、配信リストを利用することで、複数の人々に対してメッセージを迅速かつ容易に送信することができる。

なぜUMなのか?

 電話には絶対に出ないのに電子メールでの連絡はまめに行うという人もいれば、電子メールの受信ボックスは1週間に1回しかチェックしないのに電話は頻繁にかけてくる人もいる。また、インスタントメッセージングにのみ応答するという人もいれば、電子メールの添付ファイルは受け付けずにファクスでしかドキュメントを受け取らない企業も存在する。UMによって、このようにさまざまなユーザーがそれぞれの希望にあったコミュニケーション手法を利用し、重要なやり取りを確実に行うことが容易になる。

 また同時に、UMを利用するユーザーは電話やコンピュータの位置的呪縛から解放される。彼らは、他者からの連絡をいつどこで受けるのかをコントロールできるようになるとともに、メッセージをより効率的に処理するために優先順位づけやフィルタリングを行えるようになる。

UMのスケーラビリティ

 あなたの企業においてUMによるソリューションの導入を検討する際には、数年後に「すべて破棄してゼロからやり直し」ということにならないよう、企業の今後の成長とニーズの変化を考慮しておくことが重要である。UMによるソリューションは、現行のメッセージングトラフィック容量よりも多いユーザー数/メッセージ数を処理することができ、現在使用しているアプリケーションだけではなく、今後採用する可能性のあるアプリケーションとも連携できるものであってほしいはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]